メダカの赤ちゃん百匹

プラスチックのミニビオトープガーデンでは相変わらずカエルも同居中。
c0147569_22254589.jpg

8月から9月にかけ、メダカが孵化して赤ちゃんメダカは百匹以上。
毎日すくい捕って別の容器に移している。

c0147569_2146238.jpg
c0147569_21463174.jpg










赤ちゃんメダカは透き通って目を凝らしてやっと見ることができる。
二匹の赤ちゃんメダカの間に見える1,2ミリほどの黒いまるく球のようなものが、水鉢のなかを無数に泳ぎ回っているが、ミジンコの仲間なのか?分からない。
まん丸くよく動き回るので、『ころころ』 と名づけてみた。

右はスイレン鉢で暮らす7月に生まれた子供で、目も愛らしくメダカらしくなってきた。

百匹のメダカの赤ちゃんが皆育ったら、冬の間どんな住処を用意したらよいか心配だ。
[PR]
by memo-herb | 2008-09-17 22:30 | 虫 鳥 エゾリス 他
<< 白萩 (ミヤギノハギ) マリーゴールド ジェム >>