洗濯屋さん ソープワート

雪の結晶をかたどった紙石鹸は、冬の人気のお土産品。
オリーブオイルを主原料に自然素材で作られているそうだ。
紙石鹸 初雪

夏に石鹸として活躍してくれるのは、ソープワート。
c0147569_1046314.jpg葉っぱを2,3枚水に濡らして手のひらで揉むと、やわらかく泡立ち十分に石鹸の代わりに使用できる。
庭仕事の手洗いもこのハーブで。
子供のころに戻ったような無邪気な気分になれる。
何処からやって来たか覚えていないが、庭の片隅で20年近く住みついている古株。
丈夫な根で地面をおおい繁殖するので、30cm四方を残して掘り起こしている。


c0147569_10425997.jpg花はやさしいピンク。
ナデシコ科の多年草で、和名はサボンソウ

根に最も多くのサポニンを含み、水に入れ煮沸した液で上等な布等の、洗濯や柔軟剤のような働きもあるので再生に利用されてきた。
現在も博物館で利用されているそうだ。



素朴で働き者のソープワートは、ハーブガーデンの誠実なクリーニング屋さん。
[PR]
by memo-herb | 2008-02-06 11:36 | ハーブ
<< 春の黄色 巣立ち >>