ヒンメリ 四角すい

曇り時々晴れ間

四角すいのヒンメリは、底の部分を違う作り方をしていたことが分かり、全て解いて作り直し今日完成。
早速窓に吊るしてみた。 シンプルな形も、ゆっくり回り始めると全く違って見える。

c0147569_20191098.jpg
c0147569_20192511.jpg


規則正しい建築物の構造体みたいなヒンメリは、麦わらを一本づつ足しながら作る。
だんだん大きくなっていくと、結び目が重なったところは、糸を通すのも大変になって、本に載っていたヒンメリの中で作るのに一番時間がかかった。

この四角すいのヒンメリを眺めていると、切り紙細工や万華鏡を見ている様で少し懐かしい。
[PR]
by memo-herb | 2015-01-31 21:03 | クラフト
<< 白樺 イパプケニ (鹿笛) ヒンメリの作り方 道具 >>