白樺 ランプ 『アドベントスター』

曇り時々雪。
今冬初めて本格的に10センチほどの湿り雪が積もった。

昨夜遅くに降り出した雪、朝には外の様子が真っ白に変わっていた。
白樺樹皮で、クリスマスまでの約一月間、窓辺を飾ると言う北欧のランプ 『アドベントスター』 をつくってみた。

まだ少し薄暗い朝の時間にランプを灯してみる。
真っ白な雪に映える。
c0147569_23504826.jpg


ランプが完成した雪のない昨日の夕方に灯してみた景色も、しっとりとして綺麗だ。
家の前の葉っぱをすっかり落とした林の中で、白樺の白い幹が浮き上がって見える。
c0147569_23513814.jpg


明かりを灯した『アドベントスター』は、本で見た幻想的な美しさが気になっていたもので、夜が長いこの時期に作ってみたくなり一週間ほどかかって完成させたもの。
ランプは出来上がりに反省も多くあったが、灯してみると難点を忘れてしまうくらい魅力的な光で、暗くなる時間が楽しみになるほど。

今回の 『アドベントスター』は、交差する中心だけ白樺の根っこを使って。
c0147569_10241976.jpg

[PR]
by memo-herb | 2013-11-28 23:55 | クラフト
<< 白樺 脚付きかご 白樺 オーナメント 靴いろいろ >>