オニグルミの木に、エゾリス

曇り時々雨
昨日、家の前のオニグルミの木にエゾリスが数年ぶりに戻ってきた。

久しぶりにオニグルミの果実の成長ぶりを眺めていたときに、松の木に気配を感じて目をやると黒々としたエゾリスが幹に張り付いているのを発見。

人間に気が付き慌てて松の木に擬態したのだろうか。
久しぶりに見たエゾリスはとても滑稽な姿をしていた。
c0147569_0593840.jpg


可哀そうなので少し離れて見ることに。
しばらくは、ギィー ギィーと警戒音を鳴らされたが、すぐに胡桃の魅力に負け自由奔放に木々を飛び回りクルミをもいでは何処かへ運んでいた。

たわわに実ったオニグルミ
c0147569_110338.jpg


オニグルミに飽きると樹皮を食べたり、カメラを持った人間をのぞき見したり…
c0147569_1164872.jpg

c0147569_1182080.jpg


クルミをもいでいたリスがチッチッ、チッチッと髙い声で鳴いているので、不思議に思っていると、違うリスが声に答えるように歩道を歩いて?やってきた。
c0147569_1284426.jpg


今年は若いカップルのエゾリスがオニグルミに誘われて姿を見せてくれたようだ。

オニグルミは、このカップルのエゾリスが運んでしまい、もうほとんど残っていない。
[PR]
by memo-herb | 2013-08-30 23:38 | 虫 鳥 エゾリス 他
<< エキナケア (エキナセア) 白樺樹皮 欲ばりなブルーベリー籠 >>