ハーブの花壇自然に返す

曇り
今日も涼しい1日。

家の向かいの歩道枡に植えていたハーブを整理して土に戻し、芝生の種を蒔き終えた。

c0147569_1174028.jpg20年以上、ヒソップを中心に、30種類以上のハーブを植えていた。

最初は、ゴミやたばこの吸い殻、ペットの落しもの等で毎日掃除が日課になっていたが、10年も過ぎた頃からその必要もなくなり、誰もが気持ちよく散歩などを楽しむことが出来るようになった。

毎年ハーブの花を楽しみにしていてくれる人もいて、今までこの場所を借り花を育ててきたが、外来種の多いハーブがこの場所にふさわしくなく思えて草地に返すことにした。




2012年   初夏の花壇
c0147569_1191831.jpg

        ピンクのエキナケアとベルガモットが華やかな真夏の花壇
c0147569_120170.jpg


花壇の花が無くなると歩道に沿ってある砂防林の緑や、季節ごとに咲くごくありふれた野草がまわりに溶け込み、すっきりと落ち着いた散歩道に変わったように見える。
[PR]
by memo-herb | 2012-09-27 21:33 | ハーブ
<< ヤマアワ (山粟) 夕顔でかんぴょう >>