シジュウカラ 巣立つ

曇り。夜になって一時雨

白樺の木に掛けた新しい巣箱で育ったシジュウカラが、今日の昼に巣立っていった。


c0147569_034443.jpg
4,5日前から親シジュウカラが餌を運んでくると、家の中まで賑やかな雛の鳴き声が聞こえていた。

好奇心旺盛な雀達たちが、巣箱の様子を覗きにくると親シジュウカラが、ピリピリとした様子で追い払っていたので、巣立ちが近づいているのではと気に掛けていた。





いつもの年のように野次馬の雀が、親のいない隙を狙っては、巣箱を覗きこんでいる。
運動能力の劣る雀のようで、飛び上がって羽ばたいても巣穴からずれてみえないので、最後には巣箱の中に入り込もうとして親鳥に叱られていた。

c0147569_051725.jpg
c0147569_074581.jpg















昨日のまとまって降った雨が止み、二階の窓から今日あたりではと双眼鏡で巣箱を見ていたら、餌を運ばずに親シジュウカラが辺りの様子ばかりうかがい、丁度12時くらいに最初の雛が巣箱から飛び出しはじめた。


c0147569_1311729.jpgトップバッターは向こう見ずのこの子。
巣箱から一気に飛び出したものの、外の世界にびっくりしたのか、また巣の中へ戻ろうと、広げきった翼を元に戻すことができず、大慌てで羽を開いたまま無理やり巣へ戻ろうとあたふた。
お母さんが見守る中なんとか羽を畳んでまた巣箱の中へ戻ってしまった。




c0147569_1424933.jpg

不安そうな目であたりを見ているシジュウカラの子供。

1時間位で5羽程の子シジュウカラが外の世界へ巣立った。









c0147569_02313100.jpg

この子は、最初高く飛べずコンクリートの塀の上で、立ち往生してしまった。

お母さんの助けを呼んでいるのだろうか。









最後に残った2羽のシジュウカラの子には、親シジュウカラが励ますように何度か餌を与えていた。
最初に巣から出た子シジュウカラは、飛び立つのが不安なのかまだ残っている最後のきょうだいとアイコンタクトをとっていた。

c0147569_1542299.jpgc0147569_1544062.jpg















7羽くらいのシジュウカラの子が1時間半かけて全て巣立っていった。
見ていた人間も、本日の大仕事が終わったような気分。



c0147569_244244.jpg


同じ時間に、この辺りで初めてツバメが飛び交うのを見た。
10羽以上のツバメが猛スピードで青空を飛び交っていた。
不思議な光景。
[PR]
by memo-herb | 2012-07-13 22:05 | 虫 鳥 エゾリス 他
<< ベジタブル ハーブ さくらんぼ 紅光 >>