オニグルミ 皮剥ぎ

曇り、夜になって時々強い雨。
午前中は蒸し暑く、午後は風が出てきて過ごしやすくなる。
今夜から明日の日中にかけて台風の影響で雨量も多くなるようだ。

剪定したのを頂いたオニグルミの処理に1週間もかかってしまった。
8月末のオニグルミは、新しく育った樹皮の内側の部分が木質化し始め、樹皮を剥がすのはかなりの力仕事。

c0147569_0544615.jpgc0147569_0511758.jpg
縦にナイフで切り込みを入れ、ヘラで木質部から樹皮を剥がす。        

全身の力を使って樹皮を剥がすが、途中で割れがはいってしまう。






作業用の軍手が血で染まったように樹液で赤っぽい茶色になっていた。
オニグルミも切られて痛かったのだろうか。

指先も艶のある煤で染まったように黒くなり洗っても取れない。
今もオニグルミの油分なのか指先は黒く艶々している。


c0147569_129321.jpg

剥いだ樹皮は裏表にしてすぐに丸め、紐を通して乾燥させる。

空気に触れると少しづつ黒っぽい色になる。








c0147569_11375.jpg
雨に当たらないように家の中で乾燥することに。

樹皮によって真っ黒くなるものや、グレーがかった色にしか変化しないものがある。

野生のオニグルミのエネルギーは力強く逞しい。
このオニグルミの樹皮を見ているだけでパワーをもらえそうな気がする!

      
[PR]
by memo-herb | 2011-09-05 02:06 | クラフト
<< センニンソウ オニグルミ 剪定される >>