チシポ (針刺し) 2

曇り時々晴れ、昼頃一時雨。
涼しい1日、夏の花の整理をする。

余った細いサビタの枝で、またチシポを作った。
c0147569_2332351.jpg
c0147569_23322039.jpg

V型の彫刻刀1本では、模様を彫るのは難しいので、かなり紙やすりのお世話になる。

今回のチシポは布を止める銅貨の代わりに、短く切ったサビタを使ってみた。
軽い感じの仕上がりで、長さも太さも小さいので、ストラップにもなるようにリネンの糸で紐を作って付けてみた。

短い針が一本だけ刺せたので、ポンチシポ(小さい針刺し)と呼ぶことにした。



庭のカンボクの実が赤く色づいてきた。
c0147569_2353578.jpg
雨の日が終わったら、もう秋になってしまったようだ。

ヒソップの花穂を刈り取ったので、身体からしょうのうのような香りがずっとしている。
これも秋の匂い。
[PR]
by memo-herb | 2011-08-22 00:03 | クラフト
<< 夏野菜 ミヤマカラスアゲハ >>