バジル

曇り
朝晩涼しく過ごしやすい。

購入したバジルの苗に花が咲いた。
毎年晩秋まで葉を利用するために花芽を摘んでしまうが、今年は直播したスイートバジルの若葉が沢山育っているので、花を観賞してみることにした。

c0147569_23511860.jpgc0147569_23513517.jpg















スイートバジルの白い花、ダークオパールの紫葉にピンクの花。

葉の柔かさと香りはスイートバジルが料理に利用するには使いやすいが、緑色の多いキッチンハーブの中でダークオパールの葉色は花壇の引き締め役として植えることが多い。

学名 Ocimum basilium シソ科メボウキ属 一年草 和名メボウキ

バジルを料理に使うといっても簡単なもので、トマトとチーズのサラダに添える、パスタには手で千切って最後にたっぷりと混ぜる、ピザにはソースに入れて、焼きあがったところで生の葉を散らす…

日本へは江戸時代に中国からはいって来て、和名のメボウキ(目箒)とは、バジルの種を水に浸しておくとゼリー状になるのでこれで目をきれいにしたことからつけられたそうだ。
たぶん薬として最初は使われたのだろう。

『札幌第一農園』1929年(昭和四年)のカタログには、香辛料作物としてバジルが掲載されている。
   バジル (唇形科メバウキ) スープ、スチュウの調味料。  一袋十銭


どんな人が購入してどんな料理を作ったのだろう?
適当に千切って乱暴に混ぜたお手軽料理はしなかったことは確かだと思うが。
[PR]
by memo-herb | 2011-07-31 01:18 | ハーブ
<< サビタ (糊空木) ベニスズメ (蛾) >>