宮沢賢治の花壇 “Tearful eye”

晴れ
今日も暑い1日。

毎年恒例の宮沢賢治設計の花壇 “Tearful eye”も暑さでぐったりしている。
c0147569_234446100.jpg

花壇に使った苗は、藤色のブラキカム 白いイングリッシュデージー 去年の秋に植え冬越ししたプラム色のパンジー


c0147569_001428.jpgc0147569_01045.jpgc0147569_031834.jpg







今回は白眼の部分の、白色のブラキカムを入手できなかったので、庭にあったデージーを使ってみた。

6月の初めに種を蒔いたブラキカム3種と、パンジーが順調に育ってくれると、スイレンが咲く頃には美しい眼を完成させることができるのだが…




c0147569_026411.jpg
連日の暑さを満喫しているのは、満開のサクラバラ。

無数のハチの羽音で、近づくのがためらわれるほどだ。






今夜から明日にかけて雨降りの予報なので、ぐったりしている人間も一息つき、初夏のにぎやかな庭をゆっくり見てまわれそうだ。
[PR]
by memo-herb | 2010-06-30 00:44 | 宮沢賢治
<< 揺籃 デッドネットル (ラミウム) >>