トノサマガエル

終日雨降り。
夜になって激しくなる。

雨の庭は、花も木の緑もきりりとしていつもの何倍もきれいに見え、しばらく眺め入ってしまう。

1週間ほど前にスイレン鉢の前で、土を少しだけ掘って座り込んでいるトノサマガエルを見つけた。
水で一杯になっているスイレン鉢には、卵を抱えているメダカがいるので遠慮して入らなかったのだろうか。

晴天続きで疲れているのか、鼻先にポプラ?の綿毛を付けたまま呆けたようにじっとしていたトノサマガエル。

c0147569_082533.jpg

この雨でしゃきっとなって、庭の虫を退治して、バラやハーブの花を咲かせる手伝いをしてほしいものだ。


雨の庭は、黄色のカウスリップが終わり、ピンクのタイムとチャイブ サラダバーネット 白いハマナスの花が咲きだして、レディースマントル セイジ ヤロウ カモミール アルカネット サントリナ…などが蕾を膨らませ、もうすぐハーブの季節!
[PR]
by memo-herb | 2010-06-17 00:48 | 虫 鳥 エゾリス 他
<< アップルローズ (Rosa v... ホウノキ (朴の木) >>