タイムの絨毯にキジバトからのプレゼント

雨や曇りが続いて肌寒い毎日。
庭のハーブはいつもの年と同じように、緑の葉が茂り花穂が次々と立ち上がってきている

クリーピングタイムの絨毯にキジバトの羽根が一つ。
c0147569_2128344.jpg

毎年春になるとキジバトのカップルが一ヶ月程ニオイヒバの大木に滞在していくが、今年は大事な羽根を一本落としていった。
鮮やかなピンクのタイムとグレーの羽根、キジバトは最良な色の組合せを試していったのだろうか?



ハーブの季節の始まりを知らせてくれる     サラダバーネットの花はUPで見ると
     セージの花もあと少し               とっても魅力的だ

c0147569_2139284.jpgc0147569_214046.jpg













サラダバーネットは特徴的なギザギザした羽根のような葉にキュウリのような香りがあり、バター チーズ サラダなどの風味づけに使われることもあるそうだ。
また踏みつけたり潰したりすると爽やかな芳香がするそうだが、まだ試してみたことはない。

学名 Sanguisorba minor  バラ科ワレモコウ属多年生  和名 オランダワレモコウ
[PR]
by memo-herb | 2009-06-15 22:27 | ハーブ
<< 札幌駅北口のハマナス エゾルリソウ (蝦夷瑠璃草) >>