コモンマロウ (ウスベニアオイ)

朝は霧がたちこめ、とても暖か。
コモンマロウの葉が、寒くなるにしたがって元気になった。

c0147569_2112280.jpgこの2年目の苗は、葉が病気になって次々と枯れ花が咲くことがなかったが、寒さとともに元気になり、霜にあうたび葉の色も濃くなり来年が楽しみだ

1.5メートル位に立ち上がる花茎に、濃い紫の印象的な花が咲くと、素朴なハーブの花々の中心になるコモンマロウ。




c0147569_22241693.jpg乾燥した花は、おしゃれなハーブティーとして楽しめる。
コモンマロウの美しいブルー色のハーブティーにレモンを入れると、たちまちピンク色に変化する。

とてもロマンチックなハーブティーではあるが、残念なことにハーブの楽しみである香りがほとんどなく、唯一の味と言えばレモンの酸味であるということだ!



学名 Malva sylvestris   アオイ科マルバ属(ゼニアオイ属)  多年草、二年草 
                                       和名 ウスベニアオイ
[PR]
by memo-herb | 2008-11-15 22:42 | ハーブ
<< ヤマガラのヘアスタイル ゴジュウカラの眼 >>