足跡

曇り時々雪

エゾリスの足跡。
c0147569_15442156.jpg

庭のテーブルに、オニグルミのご馳走が無かったので、きびすを返して林へ帰っていった?
足跡を見てから直ぐに、オニグルミと殻つきのピーナツをテーブルに載せておいたのに、全く姿を見せないあのエゾリス!

鳥たちは、毎日賑やかにヒマワリの種目当てにやって来て、雪の上に松葉のような小さな足跡を残しながら順番待ちしている。
c0147569_15491991.jpg

時々置いておく殻つきピーナツを、殻に小さな穴を開け嘴で挟んで持っていく、デコが可愛いヤマガラ。
c0147569_16144632.jpg

こんなに大きく口を開けて、顎が外れないか心配だ。

c0147569_160518.jpg

鋭い嘴をもつピーナツ好きのゴジュウカラは、開けた穴に嘴を差し込んだまま猛スピードで運んで行く。

厳しい寒さが続く毎日、食べやすく刻んだピーナツをたっぷり入れたバードケーキでもご馳走しようか。
[PR]
# by memo-herb | 2016-01-27 23:04 | 虫 鳥 エゾリス 他

白樺の小さな靴の試作

朝のうち曇り時々雪、午後より本格的な雪になる。
一気に冬が戻る。

12月になってから少しずつ白樺の小さな靴の試作をした。
c0147569_162422.jpg

ブーツ型の少し立ち上がりのあるものを中心に、白樺細工の本に載っていたものを参考にして作ってみた。
白樺樹皮で作る靴は、組みはじめの本数、甲や踵の立ち上がり等によっていろいろな形の靴を作ることができるので面白い。
もとは生活の必需品として作られていた白樺樹皮の靴に興味があって作りはじめたものだったが、愛らしい小さな靴の魅力にまた研究?してしまった。
昨年はロシアのマイスター職人Vladimir Yarish さんの本に載っていたつま先に左右がある靴などの試作を、その前の年はシンプルな形の靴を作った。
c0147569_1842384.jpg


少し前まで生活に欠くことができなかった白樺の靴、いろいろな形のミニ靴を目にすると北欧の人々が大事にしてきたことが良くわかる。

白樺と北欧の人々との係わりや歴史などについての、日本語訳が載っている本があるのはありがたく、何度も読み返している。

もう少し白樺靴の研究?を続けて何マイルも歩けそうな白樺靴を作ってみたい!
[PR]
# by memo-herb | 2015-12-25 18:14 | クラフト

ヒンメリ 星のサークル

曇り時々晴れ
一時積もった雪はほとんど消え、春のような景色。

星型が浮かんでいる様なヒンメリのサークル。
c0147569_22391815.jpg
c0147569_22395255.jpg


白樺樹皮で作った星のバリエーション。
c0147569_22551599.jpg

リース型に並べ、こっそり楽しむクリスマス。
[PR]
# by memo-herb | 2015-12-24 23:10 | クラフト

ヒンメリの星 雪の朝に

雪時々曇り
明け方より降り積もった雪、いよいよ冬が到来する。

麦わらで作ったヒンメリの星を雪と一緒に写したくて、11月になってから雪が来るのを待っていた。
c0147569_20465781.jpg

c0147569_20472731.jpg

ヒンメリの星いろいろ。

クリスマスのオーナメント用にと、面白がって作った麦わらの天使と子ヤギ。
c0147569_21458.jpg

作り方を少々間違って、短足の子ヤギに。

雪とヒンメリを楽しんだ後は、水分を含んだ重たい雪の除雪に2時間のスポーツを楽しんだ!
[PR]
# by memo-herb | 2015-11-24 21:30 | クラフト

ヒンメリ

曇り夜になって雨
日中、時々木枯らしのような風が吹く。

クリスマスが近づき、今年もまたキラキラと輝くヒンメリを作った。
c0147569_2183428.jpg

c0147569_2193770.jpg

わずかな陽や電球の光で輝くヒンメリは、冬が良く似合う
c0147569_20564473.jpg

c0147569_2057830.jpg



庭では、10月の中頃よりエゾリスが遊びに来るようになった。
お腹が一杯なのか、おっとりとして眠そうだ。
c0147569_21374487.jpg

リンゴには見向きもしないで、オニグルミをくるくると口の中で確認して枯葉の下へ運んでいる。
c0147569_21385237.jpg

昨年とは違うエゾリスのようで、ひっそりとやって来て全てのオニグルミを庭の枯葉の下に隠すとまた静かに林へ帰って行く。
白樺の木の根元にもオニグルミを隠していた。
c0147569_21394213.jpg

人間は、枯葉の下のオニグルミをテーブルの上に戻してまたエゾリスが姿を見せるのを待っている。
[PR]
# by memo-herb | 2015-11-14 21:56 | クラフト

白樺 クリスマスオーナメント (フォークロア風)

晴れ 時々曇り。
時折吹く風が、枝に残っていた木の葉を舞い上がらせる他は、静かな一日。
冬に向かっての庭仕事が終わる。

庭の片づけの後、白樺樹皮で作ったクリスマスのオーナメントを、去年と同じにプンゲンストウヒに飾って遊んでみた。
今年のオーナメントは民族調、フォークロア風のイメージで。
c0147569_1946974.jpg


天使のオーナメントを、修道院の廊下?に集合させてみた。
c0147569_1951518.jpg


廊下のカーペットは、試し織りの切れ端。 白樺に合うような布を作ろうと試し織りをいろいろしてみるが、思うような結果にならず、これではウエスが増えるばかりだ!
[PR]
# by memo-herb | 2015-11-03 20:18 | クラフト

白樺樹皮 2色模様の丸かご

晴れ時々くもり
吹き寄せられた大量の落ち葉の片づけをする。

白樺樹皮の色と巾により編み出される2色模様の丸かご。
c0147569_2119788.jpg

黒っぽく薄汚れたような樹皮をテープ状にしてみると、落ち着いた赤茶系の色だったので、以前から作ってみたかった模様かごに使ってみることに。
c0147569_21195116.jpg

出来上がったこの2色模様の丸かごは、古い時代を思い出させるような不思議な印象。
どのように使ったらよいか、秋の夜長の宿題!
[PR]
# by memo-herb | 2015-10-28 20:46 | クラフト

白樺 ふっくら縁のパンかご

曇りのち雨
風強く、終日枯葉の集団が滑るように道路を舞い上がり、ジグザグに移動している。

白樺樹皮のパンかごは、縁が厚くふっくらとした作り。
c0147569_2035495.jpg

堅い樹皮で作ったからなのか、角張った出来上がりに。
パンの代わりに、野菜の直売所で見つけた姫リンゴを入れてみた。
クラブリンゴの 『ドルゴクラブ』 という品種。
ジャムのレシピがついていたので早速作ってみた。
c0147569_20413650.jpg

澄んだ赤いろのジャムは、酸味のある素朴な味わい。 クラッカーにつけたり、ジャムを載せて焼くスウェーデン式のクッキーにしても。

エゾノコリンゴは、散歩途中の街路樹にたわわに実っていたものを、鳥たちに食べられてしまわないうちに、ほんの数個白樺の子馬に持ち帰ってきた。
c0147569_20561825.jpg


秋の澄んだ空気には、素朴なリンゴが似合う。
[PR]
# by memo-herb | 2015-10-27 23:39 | クラフト

パン好きのための 白樺パンかご

晴れのち曇り
湿り気を帯びた濃色の青い空

パンがたっぷり入る、パン好きのための白樺パンかご。
パンを沢山入れても大丈夫なように、縁を白樺の根っこで巻いてみた。
c0147569_2345277.jpg

右上の 『白樺』と名付けられたパンは、白樺の樹液で捏ねられている。
粉をまとった白い色が樹皮に、クープの入り方も白樺の枝に見えてしまう、シンプルで深い味わいのお気に入りのパン。
[PR]
# by memo-herb | 2015-10-03 23:55 | クラフト

白樺 舟型の持ち手付き飾りかご

8月に作ったムーミンの白樺樹皮の小舟をイメージに、小さな舟型の持ち手付き飾りかごを作った。

出来上がりが愛らしい様子だったので、白樺樹皮で赤い模様を入れ、フォークロア風に。
c0147569_21404571.jpg

花などを入れてもいいように、シンプルなかごも作ってみた。
c0147569_2244727.jpg



秋の庭は、花後のシードヘッドをゆっくり眺めるのが面白く、種を採り出し来年を想像しながら蒔くのも楽しい。
c0147569_21412083.jpg
エキナセア
c0147569_2141421.jpg
マドンナリリー
[PR]
# by memo-herb | 2015-09-27 22:21 | クラフト

白樺樹皮の花かご

曇り 一時雷と霰の豪雨となる

個性的な模様や、少々難ありの白樺樹皮を使い、花かごを作ってみた。
c0147569_2014071.jpg

ランプシェードにする予定が、出来上がりが大きかったのでハンギングバスケットに。
縁の部分は少しだけあった白っぽい樹皮を使って、白樺樹皮の自然なグラデーションを楽しめるようにしてみた。

色々な表情を持つ白樺樹皮は、想像がつかないような出来上がりになることがあり、面白い!

c0147569_20155834.jpg

ドックローズに咲いたセンニンソウの花は、終わりに近づいている。
[PR]
# by memo-herb | 2015-09-27 20:54 | クラフト

ムーミン 白樺樹皮の小舟

夏の終わりに、トーベ・ヤンソンが著書の中で記していた白樺樹皮の小舟をつくってみた。
トーベとトゥーリッキが小舟(ボート)で投網漁を楽しむ写真が掲載されていたのを参考にして。
c0147569_1312189.jpg

トーベが夏の間過ごすクルーヴ島での出来事を記した『島暮らしの記録』。
島で一緒に過ごした親友のトゥーティが冬の間小屋の隠し小部屋に入れていた白樺樹皮の小舟は、ハム(トーベ・ヤンソンの母)が造ったという。

  ーハムが造ったいちばん美しい白樺の樹皮の小舟ー
      トーベ・ヤンソン 『島暮らしの記録』 1999年 筑摩書房より


ハムの小舟は、木枠に樹皮を貼り付けた作り方のように思うが、今回は樹皮テープを組む作り方で。 小舟の櫂は白樺の小枝を削った。 

大きく作った小舟は、紐で吊るして花入れに。
c0147569_1172525.jpg

タンジー ヤマハハコグサ ヤロウ(セイヨウノコギリソウ) 花オレガノ

c0147569_1175217.jpg


小舟に合わせて小さな白樺樹皮の浮子とオモリをつけた投網も作ったら、ムーミンはこの小舟で投網漁してくれるだろうか。
[PR]
# by memo-herb | 2015-09-21 01:20 | クラフト