<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヒンメリのボール 留守番をする

晴れ。
一週間ほど前から聞こえ出したエゾハルゼミの声、今日も賑やか。

長沼町 『FAMILY TREE CAFE』 さんでの展示が半分終わり、一番うれしかったのはヒンメリが町に似合うと言っていただけたこと。

イメージは、フィンランドの田園地帯、麦畑に囲まれた農家の一部屋。
c0147569_23411751.jpg




展示に連れて行かなかった大きすぎるヒンメリボール。
c0147569_2328035.jpg

六角形と五角形の組み合わせで作るヒンメリボール。
夜の暗闇で見ると月にも見えてくる。
c0147569_23255422.jpg

作るのが楽しかったので、小さいの楕円形の今度はいろいろなボール作ってみたい。


家の庭では、今年も大好きなオンファロデス・カッパドキカの青い花が知らないうちに咲いていた。
c0147569_23573222.jpg

[PR]
by memo-herb | 2016-05-28 00:52 | クラフト

ヒンメリの展示  『風に遊び 光ゆらぐ』

晴れ

明日から2週間、長沼町の 「FAMILY TREE CAFE」 さんでヒンメリの展示をさせていただく。
c0147569_20203186.jpg


展示作業はカフェの若いオーナー夫婦の手になるもので、出来上がった素敵空間にヒンメリもいっそう輝きを増しているように見える。

c0147569_22285528.jpg


リース型のヒンメリには、カフェのお隣 「フローラル創MAOI」 さんに、急なお願いにも親身になって相談に乗っていただき、イメージ通りの爽やかな新緑を思わせるようなアレンジの花を作っていただいた。

明日から2週間、晴れの日 雨の日 昼間 夕方 さまざまな光や影や風にゆらぐヒンメリを見ることができるのが楽しみだ。

c0147569_22115031.jpg



このカフェのある長沼町では、入植が始まった明治時代から麦が栽培され、札幌農学校でパンを作っていたことのある初代村長はパンを主食とすることを推奨したそうだ。
長沼町の麦を使った明治時代のパン、どんなパンだったのかとっても気になる。

百年以上もこの地で変わることない麦畑の景色、無事豊作の季節を迎えますように。
[PR]
by memo-herb | 2016-05-23 22:44 | クラフト