<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白樺 蓋付きボックス

晴れ。

白樺樹皮の蓋付きボックスは、本に作り方が詳しく載っていたこともあり、思っていたより短時間で完成。
c0147569_2032485.jpg

木型に樹皮を巻いて、木製のペグ(釘)で留める作り方。
ペグ(釘)は自作せずに、思いつきでつま楊枝を利用してみた。
つま楊枝の材料は、ほとんどが白樺だそうで、原料が北海道産のものを探して購入。
c0147569_212667.jpg

思わずアクセサリーを入れてみたくなるような小さなボックス、入れるものがないので切れ端の白樺樹皮で指輪を作ってみた。

c0147569_2184219.jpg

木型はキャニスターと同じく積木を組み合わせて。
金づちで長さ2ミリほどのつま楊枝を打ち付けていると、職人にでもなったような気がした。
[PR]
by memo-herb | 2015-03-16 21:38 | クラフト

白樺 蓋付き模様かご

曇り時々晴れ。
穏やかな日差しに、急いで春蒔きの種を注文する。

白樺樹皮の色の濃淡を利用した蓋付き模様かご。
c0147569_23223384.jpg

濃い色の樹皮が手元になく、表皮の白い部分を淡い方の色に使って組んだ試作品。
出来あがった底の模様が鮮やかに浮き立つように見えたので、シンプルなかごをもう一つ作り、この試作品のかごを被せて、蓋付きのかごにしてみた。
c0147569_232047100.jpg


春を感じる庭では、野鳥がカップルで巣箱を覗きこんだりしている。
旅鳥もふらっとやってきて、庭を一巡りしながらヒマワリの種などつまんでいく。
c0147569_23253253.jpg

優しい表情のアトリ雌。この辺りの雪の下には、エゾリスに用意したオニグルミが入った白樺かごが埋まっている。
c0147569_2334891.jpg

このかごは、庭の白樺の木を剪定した時に剥いでおいた白樺樹皮を使って、アイヌ民族の白樺かごをイメージして作ったもの。
何度か春の湿り雪が積もって、見えなくなったエゾリスのオヤツかご。
[PR]
by memo-herb | 2015-03-14 23:57 | クラフト

白樺樹皮のキャニスター

曇り時々晴れ。

大きな木型を作ることが難しく、型に使われる事がなくなった積木を利用して、小さな白樺樹皮のキャニスターを試作した。
蓋のつまみ部分は、樹皮と根っこを使って。
c0147569_21335328.jpg

白樺樹皮で作るキャニスターは、テープ状の樹皮を組んで作るかごとは違い、底や蓋を作るのに半分は慣れないノコやナイフを使う木工作業。
指まで削らないように神経を使う。

本格的なキャニスターを作るには、まだまだ実験と、木工の修行が必要だ。
[PR]
by memo-herb | 2015-03-06 21:41 | クラフト