<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

白樺 ハンギングバスケット 山型の縁

曇り、午後一時晴れ
初冬のような寒さ、夜半に雪の予報。

縁が山型になった白樺のハンギングバスケット、庭の野ばらの実を入れて。
c0147569_2239050.jpg

このハンギングバスケットは以前に作ったタイプと違う作り方、層が剥がれかけ波打っている樹皮があったので、試作してみたもの。
素朴な印象なので野草やハーブが似合いそうだ。

うす緑の葉と鮮やかな花の色が印象的な青色フジバカマ、毎年秋一番遅くまで咲く花。
c0147569_23143587.jpg


昨日全て刈り取ったので、庭に咲く花はもう何もない。
[PR]
by memo-herb | 2014-10-27 23:44 | クラフト

白樺 クリスマスオーナメント

曇り時々晴れ
暖かな一日。今年は早めに冬囲いを済ませ、今日で庭終い。

剪定したアメリカメギの実が鮮やかで、庭の小さなトウヒに白樺のクリスマスオーナメントと一緒に飾り付けてみた。
c0147569_0271797.jpg

余った白樺樹皮で少しづつ作ったミニかごのお気に入りなど。
雪が来る前の庭遊び。


今年最後の収穫?
ブロッコリーの『アレッタ』は、10月になってからやっと1個小さな花をつけた。
ブロッコリーとケールを掛け合わせたアレッタは、菜花のような味わい。
c0147569_0373243.jpg


吹き寄せられた落ち葉の中から、赤くなっているイチゴを見つけた。
季節外れのイチゴ、宝物をみつけたよう!
[PR]
by memo-herb | 2014-10-27 01:17 | クラフト

白樺 パンかご

雨のち曇り
初冬のように寒い一日。
たまった画像の整理をした中から。

白樺パンかごに、おやつセットを入れて。
c0147569_23561256.jpg

優しいクリーム色の樹皮は性質も繊細で、この小さな白樺パンかごを作るのに何日もかかった。
出来あがったパンかごは、イメージしていたものとは全く違うものに。
このまま仕舞い込んでしまうのも可愛そうなので、記念撮影してみた時の一枚。

麦粒を入れた白樺のキューブ
c0147569_0314839.jpg

以前に白樺のミニ靴をいろいろと研究?していたが、最近は白樺のキューブの作り方をいろいろと実験。
キューブは出来上がりが同じように見えても、作り方は全く違うので、謎解きをしているような楽しさがある。

キューブに穀類などを入れて子供の玩具や、フィンランドではキューブ(左端のタイプ)を漁業用の網につける浮きとして使っていたそうだ。
白樺のキューブの利用法を研究?するのも面白そう!
[PR]
by memo-herb | 2014-10-15 01:09 | クラフト

白樺ランプ アドベントスター

曇り

薄暗く湿ったような一日。今シーズン初めて白樺のランプを灯してみた。
c0147569_1215473.jpg

白い壁に掛けたアドベントスターの灯りは、昔見た幻燈を思い出し懐かしく見えた。
このアドベントスターは、1年ほど前に組み立てだけ残し作っておいたもの。
ソケットを収める所を、樹皮にするかワイヤーで作るか決めかねてこの秋まで完成することができないでいた。
初めて作ったアドベントスターは、ランプを固定するところを樹皮で作ったので、今回はワイヤーにしてみることに。


c0147569_1234743.jpg


白樺で作るランプの灯りはどれもノスタルジックで、夕暮れに灯すのが似合う。
[PR]
by memo-herb | 2014-10-14 01:32 | クラフト

白樺 小さなピクニックバスケット

久しぶりの青空に、小さな白樺細工のピクニックバスケットで遊んでみた。

c0147569_1524153.jpg

樹皮の色や大きさによって、イメージが異なって見える白樺樹皮と根っこだけで作るミニチュアのピクニックバスケットは、時間もかかるが、小さな部品を準備するのも、出来上がった時に何度も蓋を開け閉めするのも楽しい。

c0147569_202779.jpg

c0147569_20376.jpg


一番小さなバスケットは、ミニサイズのものを一杯に入れた宝石箱!?

冬が来る前に、庭で一度やってみたかったピクニック遊び。
[PR]
by memo-herb | 2014-10-12 23:39 | クラフト

チェプケリ (鮭皮のくつ)

晴れ。一時風強くなる。
秋の深い青空

庭は、鉢上げも終わり濃赤のワレモコウ、シュウメイギクの白、ベージュのグラスなど、サワサワと揺れている。
ヤマアワ(山粟)が日差しに光ってきれいだ。
c0147569_163587.jpg

随分前に、鮭皮の靴 『チェプケリ』 を作ったことがあり、靴の中敷きとしてヤマアワを使っていた地域があることを知って育て始めたもので、3年目の今年の春にやっと完成させることが出来た。
c0147569_128149.jpg

前の年に乾燥しておいたヤマアワを短く折り、水で湿らせ手で揉み靴の中にたっぷりと入れた。
c0147569_133388.jpg

鮭皮の靴の紐は、ツルウメモドキの繊維で撚ったものを使ったが、細かったので今回また新たに少し太めの紐を撚って作った。
c0147569_1383412.jpg

ツルウメモドキの繊維は、蔓が手に入った時に少しづつ処理をしておいたものを使って

鮭皮の靴底
c0147569_145295.jpg


鮭のヒレも滑り止めとしての役目があるので、立派に頼もしく見えるような気がする!
[PR]
by memo-herb | 2014-10-12 23:36 | クラフト