<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

白樺 模様付きかご

曇り
ひんやりとした空気で、身が引き締まるよう。
庭にいると、朴ノ木やオニグルミの葉が落ちる大きな音に、人がいるのかと何度も振り返ってしまう。

近くの果樹園から、リンゴとナシを買ってきた。
先日出来上がった白樺の模様付きのかごに入れて、庭で記念撮影をしてみた。
c0147569_2226459.jpg

真っ赤なリンゴは 『あかね』 緑色のナシは 『パートレット』
素朴な地元の果物は、白樺のかごに良く似合う。
山盛り果物を詰め込んだかごは、重さで持ち手が伸びてしまうので、底を抱えて持つことに。

補強の役目も果たしている籠の模様は、フォークロア調に見えるのが好きだ。
この白樺の模様付きのかごは、ポンと部屋に置くだけで十分インパクトがあり、遠い北の国へ旅行している気分になれる。
このかごは小さなボトルと共に、ロシアのマスター職人  Vladimir Yarish さんの作り方。


かごの記念撮影のあとは、庭に残っていた花を使って思いつきの簡単リースを作ってみた。
c0147569_2304868.jpg
c0147569_2311817.jpg

ピラミッドアジサイ『ミナヅキ』と、サクラバラの実を使って。
台はミヤギノハギの枝を、籠編みに使えない部分の白樺樹皮で、くるくる巻いたもの。

庭遊びは楽しいが、冬を迎える準備も、楽しくする方法はないだろうか!
[PR]
by memo-herb | 2013-10-24 23:38 | クラフト

白樺樹皮 小さなボトル

曇り
冬支度が気になるような、静かでしっとりとした秋の一日。

白樺樹皮の小さなボトル、2種完成。

本でこのボトルを見たときに形が面白そうだったので、利用法は考えずに作ってみた。
ボトルを作っていた頃、庭のハーブを冬用に刈り取っていたので、乾燥ハーブやシードを入れるのに丁度いいことに気が付いた。

ハーブは、タイムとキャラウェイシード。

c0147569_20303229.jpg


白樺樹皮 小さなボトル 1
c0147569_20375158.jpg

白樺樹皮 小さなボトル 2
c0147569_20381154.jpg

この小さなボトルは、栓を作る方が何倍も時間がかかった。
本には、木を削りきっちりとしたものが紹介されていたが、試行錯誤するもこれを作るのは無理だと分かったので、庭の白樺の枝を切って栓を作ってみた。
c0147569_20484210.jpg

切り出しナイフと紙やすりで、無骨ながらなんとか栓らしきものが出来たが、白樺の枝は節のところなどが茶色でこのボトルには重過ぎる出来栄え。

オニグルミの樹皮を剥がした枝の乾燥したものがあったので、丁度良い太さのところをカットし、ヤスリをかけ簡単栓を作ってみたらやっと良い感じになってくれた。

紙袋に入っているディルやコリアンダーなどのシードが拗ねたらいけないので、白樺樹皮のボトルをまた作らなければと思う!
[PR]
by memo-herb | 2013-10-14 21:35 | クラフト