<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しらかば樹皮 パン籠 手直し

曇りのち時々晴れ

以前制作したしらかば樹皮で作ったパン籠の手直しをする。
この小さな籠は、庭のしらかば樹皮を使ったもので、全体に薄く特に口の部分が頼りない出来上がりだった。
そこで、パン籠の縁にテープを巻き、穴を開け紐で固定してみることにした。

パンチングで穴を開け、萩の内皮で綯った紐で止めた。
c0147569_0311726.jpg


縁はしっかり締まったが、パン籠にしては重過ぎる出来上がり。
試しに庭のハーブを切って入れてみた。

c0147569_0413688.jpg

ハーブは、セージ レディースマントル カモマイル バイパースビューグロス 八重ハマナス。

100年ほど経過したヴィンテージの籠みたいにも見える、不思議さ!
[PR]
by memo-herb | 2013-06-29 00:52 | クラフト

ハーブ香る庭で

晴れ時々曇り
午前中水やりのついでに、咲き終わった花の刈取りや、枯れ枝の剪定などをする。
木陰に入ると気持ちがいいくらいの気温。

作業の間中、満開のハマナスが風で香り、ハーブの絨毯を踏むとタイムやカモマイルが香る。

定番の濃紅ハマナスと白八重ハマナス。
今年はどのハマナスも蕾で一杯になっている。
c0147569_2185550.jpg
c0147569_2193126.jpg



庭のいたる所で咲きだしたハーブ。
c0147569_0433563.jpg



庭に出ている間ヤマガラが警戒するように鳴き続けていた。
今年は道路側の白樺をくり抜いた古い巣箱でヤマガラが、6m程離れたところに掛けてある屋根に白樺の樹皮を貼り付けた新しい巣箱ではシジュウカラが子育てをしている。
同時に巣がけをしたのは初めてのこと。

昨日シジュウカラは水やりしていた人間には目もくれずに風のような速さで餌を運んでいたと思ったら、早朝に巣立ちしたようで姿が見えない。

巣立ちまでもう少しのヤマガラの雛。 ━二階の窓から家の中をのぞき見━
c0147569_21501445.jpg

子育ての続くヤマガラ夫婦、ハーブの優しい香りで疲れを癒してほしい。
[PR]
by memo-herb | 2013-06-25 22:05 | ハーブ

しらかば樹皮 持ち手付き籠 大きいの

今年の春は、厳しい冬が続いているような暗く寒い日が多かった。
そんな日々、しらかばの籠を作って楽しく過ごすことができ、白樺の木と樹皮を分けて頂けたことに感謝しなければ!と思う。

四角く、かっちりとした籠を作る予定が、どんどん編んでいくうちに膨らんで大きくなってしまった籠。
c0147569_0533321.jpg


底を組んだところ。 
c0147569_0592812.jpg

樹皮テープが短く、繋いだ部分の手加減が難問で、『しらかば樹皮 持ち手付き籠 大きいの』 が出来てしまった。


家の前の砂防林の白樺の木は、この数日の陽気で一気に若緑の葉で覆われた。
c0147569_117284.jpg

庭の白樺は、芸術的な剪定で葉はほんの少ししか出ていない。
夏になって新しい枝が成長し、緑の葉で覆われたら紹介したいと思う!
[PR]
by memo-herb | 2013-06-01 01:41 | クラフト