<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宮澤賢治の花壇 『Tearful eye』 2013

晴れ
夏が来たような暑さ。

涼しくなった夕方、毎年恒例宮澤賢治設計の花壇 『Tearful eye』にブラキカムを植える。
ブラキカムの苗は、地元で花卉農家をしている方に、種を提供し、必要な個数だけ購入するということでお願いしてつくっていただいたもの。

c0147569_23412527.jpg
c0147569_2342437.jpg

5品種ほど作っていただき、取りあえず紫系のブラキカム2種類と白1種類で花壇を作ることにしてみた。
花はこれからの、蕾で一杯の苗。

c0147569_23521097.jpg

今年の『Tearful eye』は、まつ毛のコニファーを明るいゴールドクレストの幼苗に変えてみた。
ブラキカムが咲きそろった花壇は、どのような『涙ぐむ眼』になってくれるか楽しみだ。
[PR]
by memo-herb | 2013-05-31 23:59 | 宮沢賢治

カウスリップ咲く

曇り一時晴れ

庭は黄色い元気なカウスリップが咲きはじめ、
長かった冬からやっと目覚めたようにみえる。

c0147569_125713.jpg

今年の冬は、しなやかで優しい白樺のかごを作りながら、一緒に春を待っていた様な気がする。


c0147569_131348.jpg
4月に、庭の白樺から少しだけ樹液を採取。

1日で500ミリのペットボトル1杯分溜まったので、開けた穴を白樺の小枝で栓をしたが、2日ほど樹液が流れ続け、白い樹皮がピンクに染まった。

細い白樺の木だったので弱らないかと心配したが、もう元気に淡い緑の小さな若葉を茂らせてきている。




c0147569_1354128.jpg

白樺の樹液は一度沸騰させたものを冷やして頂いた。
少しとろみがあり、ほんのり甘く優しい味わい。

アイヌの人々も、イタヤカエデとともに白樺の樹液を飲料とし、
また、キハダなどの果汁を加えて酒をつくったりしたそうだ。
それは、森の香りがする、甘い味のお酒なのだろうか?
[PR]
by memo-herb | 2013-05-25 02:16 | ハーブ