<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

初雪とクルミバスケット

初雪が来る。
午前中よりみぞれ混じりの雨から本格的な雪。
重たいあめゆきが降り積り、時々吹雪模様の1日。

クルミの実で遊ぶ。
c0147569_2352271.jpg

カシグルミをくり抜いて作ったバスケットを、窓に並べて初雪と記念撮影。

友人の庭で実ったこのカシグルミの木は、今はもうない。
大きく育ったクルミの木は庭を占拠し、ほかの植物が育たなくなったため、切り倒された。
伐採された木は、家具として作ることが出来るまで、家具職人の工房で乾燥されているそう。
そして最後に実ったクルミの殻は、ミニバスケットになって我が家の冬の窓を飾っている。


c0147569_0345779.jpg

ソープトレイのエサ台にやってきたヤマガラに、一番最初に作った試作品を見てもらう。


不思議そうに眺めていたヤマガラは、お腹一杯餌を食べてから、よくよく近づいて最初に作ったバスケットを見に来てくれた。


明日もひまわりの種を御馳走するので、
今度は色々なクルミのバスケットもじっくり鑑賞して、
意見などを聞かせてほしい!





c0147569_0401390.jpg

[PR]
by memo-herb | 2012-11-18 23:55 | クラフト

マドンナリリー 復活する

曇り、夜になって雨

冬支度の終わった庭で、過保護にして花芽を枯れさせてしまったマドンナリリーの様子をじっくり観察する。

掘り起こし植え替えたマドンナリリーの球根から新しい葉が伸びていて、
来年の花が楽しみだ。

右上に見える小さな双葉は、球根の外側の鱗片を2枚ほど剥がし、
縦に半分ほど土に埋めたもの。
c0147569_23571279.jpg


マドンナリリーの子供。
c0147569_005710.jpg

マドンナリリーは日本の気候では育てるのが難しいと本で読んだことがあって、
加保護にしてしまったが、冬の厳しい気候が意外とマドンナリリーに合っているのかもしれない。

この小さな子供のマドンナリリーは、いくつの冬を過ごしたら、
あの白く清楚で香りたかい花を見せてくれるのだろう。




庭の白ハマナスが一輪、寒いのか小さくなって咲いていた。
c0147569_034116.jpg

家の前は紅葉も終わりに近づいている。 
c0147569_0375094.jpg

[PR]
by memo-herb | 2012-11-02 00:47 | ハーブ