<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チョウセンゴミシ (朝鮮五味子)

晴れのち曇り、夕方遅くに雨。
夜になって時々激しく降る。

『チョウセンゴミシ』の真っ赤な果実が一房だけ実った。
c0147569_22243063.jpg
今年の春に山野草店から購入したもの。

薬用酒として利用でき、乾燥した果実は生薬として滋養強壮剤や咳止めとして使われているそうだ。

五味子とは果実に、甘、酸、辛、苦、鹹(塩味)の五種類の味があることから名付けられたという。






『チョウセンゴミシ』は雌雄異株と言われいるが、一株に両方の花がつくこともあるそう。
購入した時に蕾がたくさんついていて、幸運にも雌花が一つだけ咲いて果実を見ることが出来た。
来年も両方の花が付いてくれるだろうか少し心配。

6月6日 雄花と蕾                   8月16日 少し色づき始めた果実
c0147569_2253815.jpgc0147569_22475071.jpg













               

雄花  6月14日                         
c0147569_2243325.jpg

雌花 6月16日
c0147569_22432399.jpg


学名 Schisandra chinensis Baill. マツブサ科マツブサ属 つる性落葉植物


五種類の味がするというチョウセンゴミシを味わってみたいと思うのだが、貴重な一房だけの実なのと、あまりにも鮮明な赤い実を口にするのは少しためらいがあり、毎日眺めてどうしようか楽しんでいる!


追記 
チョウセンゴミシの果実が熟し切って萎びてきたので思いきって一粒味見をしてみた。
口に入れた時は、カリンズのような香りがしたが、だんだん苦味と岩塩のような塩味が感じられて、最後に酸味が残り、他の食べ物を口にしない限り漢方の煎じ薬を飲んだような複雑な後味が抜けなかった。  (2010.10.3)
[PR]
by memo-herb | 2010-09-27 23:42 | ハーブ

きのこ

曇り
朝晩はストーブが欲しくなる程寒く風が冷たい。

今年も秋の味覚キノコが、森の四季をやさしい目線で撮り続けているナチュラリストの森人さんから届いた。
c0147569_21561016.jpg

ラクヨウは定番の味噌汁で、
ハタケシメジはパスタに入れてシコシコの歯触りを楽しませてもらった。








今年は暑かった夏が終わって、一瞬のうちに秋がやってきた。
庭ではワレモコウと水引草の赤が風に揺れ、

c0147569_2211337.jpgc0147569_22125970.jpg









センニンソウの十字形の白い花がどっさり咲いている何時もの秋

c0147569_22141686.jpgc0147569_22201967.jpg
[PR]
by memo-herb | 2010-09-24 22:25 | 山野草

ラベンダーの蚊取り香炉

晴れ時々曇り。
朝夕はとても涼しく、秋を感じる。

夕方花ガラ摘みや切り戻しをしていると、小さな蚊がまとわりつき腕と足を刺されてしまう。
ほんの少しだけと、サンダル履きの無防備ないでたちで庭をうろついているのも悪いのだが、今日は一度試してみたかった、ハーブで蚊よけをしてみた。

c0147569_23372844.jpg
以前作った香炉形の縄文土器で、乾燥させておいた剪定したラベンダーを燻して蚊を寄せ付けないというもの。

ラベンダーの他に使えるハーブは、防虫効果のあるサントリナやローズマリー、サザンウッド、タンジーなど。

この煙はラベンダーらしい香りは全くなくて、癖の少ないお香のよう。

効果のほどは分からないが、今日はしつこくまとわりついてくる蚊は見当たらなかった。



c0147569_08556.jpg


この縄文晩期の香炉形土器は祭祀用のもので、実際にはお香を焚くのに使用したかは不明で、灯明として使われたとも考えられている。

完成形は、上の穴に被せるつまみのついた小さな蓋もあたが、割ってしまった。





ハーブの蚊取香炉の欠点は、煙を出し続けるために常に気を配っていなければならないので、他の作業が出来ないこと!

でも火遊び?は楽しいので、この次は香りの好きなロズマリーやミントでも試してみたい。
[PR]
by memo-herb | 2010-09-15 00:40 | ハーブ