<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

陽殖園 

小さなローズヒップで楽しませてくれるサクラバラの苗は、滝上町の「陽殖園」からやって来た。
園主の高橋武市さんから送られてくる手作り感いっぱいのカタログには、簡単な添え書きがしてあり、毎年の楽しみだった。

サクラバラ 6月末
c0147569_2325891.jpg4,5年前から陽殖園が雑誌で紹介されるようになって1人で切り盛りすることが難しくなり、通信販売は中止された。

陽殖園で武市さんにお会いしたのはもうずいぶん前になるが、雑誌やTVで紹介される時には電話で知らせてくれ、素朴で純粋な様子は少しも変わっていない。



c0147569_2341586.jpg
今年は単行本 『武市の夢の庭』も出版され、カタログの楽しみはなくなったが、武市さんのつくった陽殖園が全国に紹介され、なんだか自分のことのようにうれしい。

我が家に咲くたくさんの、ハーブや山野草の故郷である陽殖園をいつかまた訪れ、武市さんに夢の庭を案内してもらいたいと思っている。
[PR]
by memo-herb | 2007-11-30 23:44

バラの実

野バラの実をクルクル巻き、雪に映えるリースにして窓辺に置いてみた。

c0147569_2171416.jpg

ソープトレイを利用したバードテーブル?に常連客のヤマガラがやって来る。
雪は解けたが、寒風が刺すように冷たい1日。
訪れた野鳥と、リースの赤い実がとっても可愛い!

これは20年近く咲き続けているサクラバラのローズヒップ。
真冬には、このバラの茂みが野鳥の隠れ家になっている。
[PR]
by memo-herb | 2007-11-27 21:26 | 虫 鳥 エゾリス 他

染色 ダイヤーズ・カモマイル

ハーブ染めをする人には、ハーブを煮出している間中香りを楽しめるという特権がある。

c0147569_2358270.jpg

ダイヤーズ・カモマイルは名前の通り染めることが得意なハーブ。
多年草で繁殖力も強力であり、濃い黄色によく染まるらしいが、わたしはドライフラワーとしての利用しかしたことがない。
ハーブ染めの一番の楽しみである、香りがないからだ。

c0147569_14205626.jpg明るい黄色は目立ちすぎるため、花のさかりに邪魔もの扱いされ抜き取られることもしばしば

香る種類のカモマイルとは待遇に差がある。
それでもめげずに毎年長い期間元気に咲き続け自分をアピールしている。


今回少しばかり同情して、ここにメインとして登場させてあげた。







ドライになったダイヤーズ・カモマイル
[PR]
by memo-herb | 2007-11-23 00:12 | ハーブ

風香る カモマイル

園芸作業で忙しい夏は、ゆっくりとハーブを楽しむ時間はない。
その代り、長い冬の間に来春の庭を存分に想い描く。

c0147569_19545137.jpg
いろいろな植物の中で、香りまで思い出させてくれるのは、ジャーマンカモマイル。

庭の空いている所があれば勝手に根をおろし、自己主張するのでもなく静かにしている。
多年草のローマンカモマイルは葉も花も柔らかく香り、気がつかないでよく踏みつけられたりしている。
1年草のジャーマンカモマイルは花だけ香る。

夏の庭で、シャベルや剪定バサミなど振り回し右往左往している時、どこからかやさしく甘い香りが漂ってくることがある。
まわりには癖の強いハーブや、濃い香りのバラがジャングル状態に茂っているだけだ。

見渡してみると、いつの間にかジャーマンカモマイルが長く首を伸ばして白い花をいっぱいに咲かせていた。

風が花を揺らして香りを届けてくれたようだ。

   写真は 『ジャーマンカモマイル ボード ゴールド』 花が大きく精油分が多い品種。
   
[PR]
by memo-herb | 2007-11-20 20:42 | ハーブ

生薬

蘿麻子(らまし)という漢方薬は、ガガイモのさやを乾燥させたもので、葉や茎 白い乳液も薬効があるそうだ。

c0147569_0161985.jpg

あらためて見直しました。 ガガイモさん
さらに、乾燥葉を燻すと、臭い消しになり、綿毛は鏡を磨くのに使われたり、朱肉や針刺しなどに綿の代用として使われてきたそうだ。

我が庭のガガイモは、正真正銘 和製ハーブの一員と昇格しました。
[PR]
by memo-herb | 2007-11-19 00:26 | ハーブ

小人の船

ガガイモの実のさやが割れると、小さな船に早変わり!

c0147569_23155947.jpg


古事記の中で、小さな神様 少名毘古那神(スクナビコナノカミ)が、ガガイモの実の舟に乗って海の遥か彼方からやってきたという話から、我が家では 『小人の舟』と呼んでいる。
[PR]
by memo-herb | 2007-11-17 23:57 | ハーブ

旅だち

ガガイモのさやから旅立つ綿毛

c0147569_1759025.jpg裏庭でガガイモを育て、さやは家の中でリースのように飾っている。

乾燥が進んでさやが小さくなると、ポップコーンがはじけるように勢いよく綿毛が飛び出す

ポンポンと踊っているみたいだ



ガガイモの花
ピンクの小さな花は、大きな葉っぱの陰でよく観察していないと、なかなか見られない。

c0147569_18243071.jpg

ガガイモはハーブとは言い難いが、若葉は山菜のようにお浸しや、天ぷらにして食べられるそうだ。
茎を折ると白い汁が出て、いかにも毒草という感じに見えるので、食べるのはためらわれる。

いったいどんな味がするのだろうか?
[PR]
by memo-herb | 2007-11-16 18:36 | ハーブ

雪がきた

c0147569_16561535.jpg今年初めての、本格的な雪が降りだした。
昼前から北風にのってあたりが白くなるくらい降ったり止んだり。


家の中から外のデッキを写してみた。
11月なのに、真冬の吹雪のあとのような景色になっていた。







庭のハーブもすっかり白い帽子をかぶって少し重たそうにしている。
c0147569_10105422.jpg

[PR]
by memo-herb | 2007-11-15 17:05

ハーブリース

香るリースを作った。
庭にいつのまにか生えていたツルウメモドキのつるを土台に、少しづつ夏の間乾燥させていたハーブを使って、簡単リースのできあがり!

c0147569_134976.jpg


サクラバラのローズヒップを中心に、サントリナシルバー ホップのミニリース ヒソップ 
レモンタイム パープルセージ ヤローイエロー フラックスの実…
それと、ぶどうのような小さなツタの実が可愛かったので入れてみた。

物置のドアにぶら下げてみたけれど、今晩から雪になりそうなので濡れて壊れてしまいませんように。 
[PR]
by memo-herb | 2007-11-14 14:06 | ハーブ

冬ごもり

春いちばん賑やかに咲くカウスリップ
5月から6月にかけて、庭中黄色に染める

c0147569_15234029.jpg


今日のカウスリップは冬眠の準備も完了
落ち葉の布団に包まれて、じっと雪をまっている


c0147569_15242987.jpg


ホームページは http://homepage3.nifty.com/field1/
[PR]
by memo-herb | 2007-11-12 12:25 | ハーブ