フラックス  亜麻畑がブルーの海になる

蒸し暑い1日。
パラパラと蒔いたフラックス(亜麻)が、一ヶ月ほど毎日少しづつ咲いている。
c0147569_21181154.jpg

透き通るように美しく、はかなげなブルーの花。
午前中に半日だけ咲いて散ってしまう潔さ。
花が終わった後に付けるキリリとした丸い種も、ドライフラワーとして魅力的だ。

以前自宅近くの農園の片隅を借りて、茎から繊維を取り糸を作るのが目的で、4坪程フラックス(亜麻)を育てていたことがある。
満開になったブルーの花は風に揺れると、南国の海を眺めているような景色。


c0147569_2205329.jpg
戦後この農園ではフラックスを、繊維用に栽培して亜麻工場に納めていたことがあったそうだ。
園主の方がとても懐かしがって話してくれた。

一時すたれた亜麻栽培も、最近種から採れるオイルが健康食品や、塗料として見直され栽培する農家も増えてきているようだ。


学名  Linum usitatissimum   アマ科1年草   和名 亜麻
[PR]
by memo-herb | 2008-07-25 22:30 | ハーブ
<< マーシュマロウ  ハーブでスイーツ ベルガモット >>