宮澤賢治の花壇 “Tearful eye”

今日ヒツジグサが咲いた。

c0147569_20481861.jpg宮澤賢治が書き残したノートに “Tearful eye”と名付けた眼の形をしたユニークな花壇の設計図がある。
眼の部分には優しく可憐な印象のブラキカムの花を、眼尻には水鉢にスイレンを浮かばせる。
もう何年もこの“Tearful eye”と名付けられた花壇をつくり続けているが、宮澤賢治が思い描いたような花壇を完成させることができない。


              今年の“Tearful eye”  涙ぐむ眼
c0147569_2123797.jpg

左の水鉢に白い小さく見えるのが今年最初に咲いたヒツジグサ。
この頃ブラキカムの人気がないらしく、一般の園芸店での扱いが少なく希望の種類は手に入れることができなかった。
種からブラキカムを上手に育てられるコツがあれば知りたい。

HPに毎年花壇に取り組む涙ぐましい様子を載せている。
[PR]
by memo-herb | 2008-07-10 21:18 | 宮沢賢治
<< 宮澤賢治の花壇は “Cryin... 白色の花咲くハーブ >>