白樺樹皮かご

曇り時々晴れ
過ごしやすく、半日庭の片づけをする。
ジャガイモの収穫後、同じ場所に大根の種を蒔く。

白樺樹皮シートのまま作るかご。
ロシアの白樺細工の本に載っていた作り方を参考にして作ってみた。
c0147569_23242403.jpg
c0147569_23243834.jpg

白樺の樹皮シートを2枚重ねて、ずれないように底を縫うように根っこで留める。
大きく波打っている樹皮と曲がりくねった根っ子が材料で、大らかで庶民的な出来上がりになる。



家の前のクルミの木にやってくるエゾリスは、とても用心深く毎日少しずつクルミを採っていて、下に落ちてしまったクルミは拾わない。
人間がこのクルミを毎日拾い集めて楽しませてもらっている。
c0147569_23235718.jpg

道路を横断しているところを写したら気が付いてパニックになったのか、道路を慌てて行ったり来たりしてまた砂防林へ戻っていった。
この時以来気配はあっても滅多に姿を見せることはなくなった。



c0147569_23252772.jpg
身体も小さく毛並みもきれいなので、今年生まれたばかりの子リスかもしれない。
人間に遭遇した時の慌てぶりが、可愛くもあり気の毒でもあった。


[PR]
by memo-herb | 2017-09-07 13:55 | クラフト
<< 白樺樹皮と枝の簡易ボックス 白樺 ヤライタンキ ヤラピサック >>