エゾモモンガ 徒歩3分

曇り

家から歩いて3分ほどの柳の木にエゾモモンガの巣穴がある。
住宅街の向かい、保安林の歩道際に立つ柳に空いた丸い穴。
c0147569_00585777.jpg
モモンガの行動時間は、日の出 日の入り後の1時間ほどだそうで、まだ姿は見ていない。
木の周りに沢山のモモンガのフンがあるので棲んでいるのは間違いないよう。
c0147569_01073682.jpg
エゾモモンガのフンはコーヒー豆色をしたナッツのようにも見える。


エゾモモンガの巣を教えてくれたのは、いつものように友人のご主人の森人さん。
冬の間スキーで回っていて見つけたそうだ。
この巣穴は家の前の歩道沿いを左に3分ほど歩いたところにあるが、右方向に3分ほど歩いた笹藪の奥にもエゾモモンガの巣穴がある。

住宅街に連なるささやかな林でも、木の陰から小さな動物がこちらの様子をうかがっていたのか、夜になると動物の気配を感じて、思わず耳を澄ましたり目を凝らしたりすることがある。

エゾモモンガの愛らしい姿を見てみたいが、自分に殺気があるためか動物に警戒されてしまうことが多いので、子育ての季節でもあり、そっと見守りたいと思う。




これは森人さんが以前出会ったエゾモモンガの写真。
c0147569_11195695.jpg






[PR]
by memo-herb | 2017-04-29 20:10 | 虫 鳥 エゾリス 他
<< 白樺 土器の花かご コルツフット (フキタンポポ) >>