冬の白樺 ひとりたのしむ

曇り一時みぞれ雪

この冬は、白樺樹皮で面白い形のかごを作ったり実験したりと楽しむことができた。
縁が階段のようになっているかごは、インパクトのある出来上がりに作った自分が驚く。

c0147569_19324211.jpg


初めて譲っていただいた白樺樹皮で、クラフトテープの本などを参考にしてやっと形にした持ち手付きかご、あまりにも大らかな出来上がりに作り直したのがこのバッグの下かご。
少しくたびれたリメイクのかごと、試し織りの布と組み合わせてバッグに。

c0147569_19330653.jpg
留めはトナカイの角で出来た大きなビーズ、持ち手はヌメ革。 ムンカベルテ模様の試し織り布はリネン、夏が似合いそうだ。


 熊谷守一の画文集『ひとりたのしむ』を久しぶりに手に取ったので…


[PR]
by memo-herb | 2017-03-29 00:09 | クラフト
<< コルツフット (フキタンポポ) 白樺樹皮でラッピング >>