白樺樹皮でラッピング

雪時々曇り
積もりながら消えてゆくような、明るい春の雪。

随分前から使わなくなった焼き締めのコーヒーポットに、白樺樹皮テープを巻いてみた。
エスニックな洋風土器のような佇まいに。


c0147569_19291675.jpg

白樺細工の本に載っていた白樺樹皮が巻かれた壺の写真が気になっていて、リトアニアの作家さんが作ったカップを購入して巻く方法を実験してみたもの。


c0147569_19295377.jpg
白い磁器のカップも巻いてみた。 こちらは現代的な感じに。

白樺樹皮を巻くのは、割れ防止や保温のためのもの。 
洗うことを考えると実用的とは言い難いが、もう使うこともない器が白樺樹皮をラッピングすることで、違うイメージに生まれ変わり楽しめる面白さ!

色々なものに巻きつけたくなる欲求を抑えるのが大変だったこの冬。
暖かい季節にはガラスのコップを一つだけラッピングしてみようと思う!



[PR]
by memo-herb | 2017-02-26 23:33 | クラフト
<< 冬の白樺 ひとりたのしむ 白樺の鳥 麦わらの鳥(ソダス) >>