白樺 蓋付きかご

晴れ。
早い雪解けで、すっかり地面が見えているのが不思議だ。
いつもはザラメ雪の間からやっと顔を出すスノードロップも、黒土と枯葉の中で咲いている。

縁に白樺の枝を使った蓋付きのかご。
c0147569_2295048.jpg

剪定して焚きつけように乾燥させておいた、白樺の小枝を削って使った。
c0147569_22111559.jpg

蓋は白樺の小枝をヒンジに使って、開閉できるようになっている作り方。

小物入れや、サンドイッチ専用のお弁当かごとして使ってみたい。
ハムとチーズと野菜のカンパーニュサンド、白パンの卵ときゅうりのサンドイッチが似合いそうだ。

計画を立てて作る白樺細工もいいが、捨てるような切れ端でネックレスなどの小物をあれこれ作るのは気安くて楽しい。
鋭利な道具のキャップなども、使い勝手を考えながら時々作ってみるが、実用的なのはもっと楽しくなっていい!
c0147569_054358.jpg

c0147569_06956.jpg

[PR]
by memo-herb | 2015-04-04 23:41 | クラフト
<< 宮島沼のマガン 白樺 蓋付きボックス >>