ムーミンの投網 白樺の浮きとオモリ

曇り一時雪
降る雪は、もう春の雪。

生誕百周年を迎えたトーベ・ヤンソン、著書 『ムーミン・コミックス』に白樺樹皮で作られた浮きとオモリが描かれていることを知って、早速読んでみる。

「ムーミンパパの灯台守」の中で、ムーミンが担ぎ持っている網につけられた白樺の浮きとオモリは、細部まで特徴をよく捉えて描かれていることにとても感心。
c0147569_23464792.jpg

『ムーミン・コミックス』 1  ムーミンパパの灯台守 
トーベ+ラルス・ヤンソン著 筑摩書房 より


スウェーデンの白樺細工の本に、漁業用の網につけた浮きとオモリの挿絵が載っていたので、これを参考にして作ってみた。
c0147569_22365759.jpg

オモリは、白樺樹皮で石を包み、紐などで止める作り方。
雪の下になった庭の石は凍り付いて取り出せなかったので、オニグルミを入れたミニサイズ。

浮きは白樺樹皮の丸まる性質を利用したもので、固い筒状になるように丸めて水につけた。

c0147569_23474755.jpg

白樺細工の本に載っている挿絵、漁業用の浮きとオモリ。
トーベ・ヤンソンが描いた浮きとオモリの形によく似ている。

白樺樹皮で作られた浮きは、今でも日本海側の海岸によく打ち上げられているそうで、海流の関係でロシアや中国からのものらしく、残念ながら北欧からではない。

北欧やロシアでは、白樺樹皮で様々な生活必需品が作られ、この漁業用の網につけられる浮きとオモリもいろいろな作り方のものがある。
以前に作ったキューブもフィンランドでは、漁業用の浮きとして使われていたそうだ。

トーベ・ヤンソンの本を読んだのは初めて、他の著作にもフィンランドの白樺細工が描かれていそうなので、少しづつ読んでみようと思う。

フインランドのヒンメリもどこかに描かれていないだろうか、本を宝探しするように読むのは初めてだ!
c0147569_23203113.jpg

[PR]
by memo-herb | 2015-02-28 23:36 | クラフト
<< 白樺樹皮のキャニスター 白樺樹皮の笛 >>