オオウバユリの種

雨、時々激しく降る。
少し肌寒く、点検がてらストーブを点けてみた。

今週になって、オオウバユリの種が熟してきたので、少しづつ採取する。
オニグルミの樹の下のオオウバユリが一番立派で、20個の花をつけた。
c0147569_12575.jpg

試しに種の入っているさやを1つもいで種を数えてみた。
未熟なのも少しあったが、1つのさや(花)に685個もの種が入っていた。

c0147569_155047.jpgc0147569_152510.jpg













1本の茎についていた、20個のさやに入っている種は、約1万3千。
このうち地面に到達し、芽を出し何年もかかって根の鱗茎が大きく育ち花を咲かせることが出来るのはほんの僅かなのだと思うと、この場所で花を咲かせてくれたことが不思議にも思える。



オオウバユリの成長記録
5月のオオウバユリ                        オオウバユリ鱗茎
c0147569_1133346.jpgc0147569_1125021.jpg













7月初旬オオウバユリ蕾                 7月19日素朴で逞しい花が咲いた
c0147569_1141645.jpgc0147569_1265582.jpg













森の中で咲く群落を見てからオオウバユリが特別に好ましく思える野草になり、誕生から世代交代まで身近に見ることが出来てオオウバユリに感謝したい気持ち!
来年もよろしくお願いします。
[PR]
by memo-herb | 2012-10-12 02:10 | 山野草
<< ハクチョウのV字編隊 『うばゆり咲く』 >>